自転車歩行者道や駐車場内での自動車2次被害事故を少しでも未然に防ぐ方法

近年、交通事故は減りつつあるも、高齢者の運転による事故が問題視されつつあります。

特に目立ってきているのが、70歳以上による高齢者ドライバーの事故です。

今まで無事故無違反の優良ドライバーであった人でさえも、うっかりミスによる重大事故が多発しています。自分は大丈夫と言っていた人でさえ事故を起こしてしまうのです。

最近もありましたが、交差点で保護者と保育園児が信号待ちしていた集団に、事故でハンドルを取られて衝突するという衝撃的なニュースもありました。交差点内での事故は、特に気を付けなければいけない場所でしょう。

そんな何時起こっても不思議じゃない事故から、少しでも未然に防ぐ方法を普段から身に付けるようにしましょう。

事故は予期せぬときに突然発生する

重大事故に繋がるケースの事故の多くは、予期していないときに起こる事故です。当然、自動車事故を起こそうと思って起こす人など居ないのですから、当然の事かも知れません。

例えば交差点内の事故発生から歩行者や自転車の列に飛び込んでくる時間は、わずか1秒以内に起こってしまってます。この短い時間では、とてもじゃないですが回避する行動は不可能といっていいでしょう。

事故は未然に防ぐことなど出来ませんが、少しでも回避できるように普段から気を付けるようにしましょう。

自動車2次被害事故を少しでも未然に防ぐ方法

事故は予期せぬときにやってきます。

色々な事故を予め想定してみると、安全そうな場所は色々な所で考えられます。

交差点内事故を未然に防ぐ

交差点内事故は、交通事故統計上で第2位となる出会い頭衝突事故に含まれます。

交差点内事故から未然に2次被害事故を防ぐには、電柱やガードレール等の障害物となる場所へ移動しておくのがお勧めです。

過去の事故の映像などを見ていても、大きな事故が発生したときでも、障害物等に接触して止まっているシーンを見ます。車の衝突に少しでも耐えられる障害物の陰に居ることにより、未然に事故を防ぐ第一歩と言えるでしょう。

また、少しでも動いている車が居る場合、近づかないようにすることも大事です。

基本的に、停車しているはずの車が動いているような不信車両を発見した場合は避けるようにしましょう。近年は無差別に狙ってくる犯罪者も増えてきている為、何があるか分かりません。

大切な人の命を守るためにも、無意識に普段から行動出来るようにしておきましょう。

自転車歩行者道での事故を未然に防ぐ

先程のガードレール等の陰に居ることも大事ですが、道路側から離れていることも大事です。

極端に言えば、道路側から少しでも離れて建物寄りに歩行しているのが、少しでも安全ではないでしょうか。

飲酒運転や、スマホ等のながら運転による前方不注意事故も後を絶ちません。交通事故の7割は、安全運転義務違反に該当するものです。巻き込まれ事故による重大事故も度々ニュースになっていますね。

私的には自転車道の場所も道路脇と危なくどうかと思うのですが、歩行者道との区別の為、致し方ないのかも知れません。

当然、自転車の方は歩行者へ配慮した運転を心掛けるようにしなければいけません。

駐車場内事故を未然に防ぐ

開放的になっている駐車場が最近は多く、未然に防ぐことが難しいでしょうが、それでも2次被害事故は少しでも未然に防ごうと思えば可能です。

昨今の多い事故形態として、アクセルとブレーキの踏み間違いです。特に高齢者ドライバーが多い事故ですね。この場合は、車に人が乗車している場合、車の前後に迂闊に出ないようにしましょう。

この事故の場合、車の前進後進の急発進による事故が目立ちます。建物に衝突してしまう事故例が後を絶たないので、建物沿いに居るからと言って安全ではありません。

駐車場内事故は一番身近で多い事故ですので、車に人が乗っているか、発進しようとしているか等、普段から周りに気を配り注意して行動することがポイントになってきます。

お子様の行動にもしっかり注視して、事故から身を守るようにしていきましょう。

予測できない事故から身を守る為にすること

車と車との不注意による衝突事故、安全義務違反事故、パーキンソンやてんかん等の持病がある方の事故等、事故と言っても形態は様々です。

そんな予測の出来ない事故に対処するなんて、とてもじゃないですが回避することは難しいことでしょう。

冒頭でも述べましたが、事故が発生してから2次被害事故に巻き込まれるまでの時間はわずか1秒程です。

ではどうやったら未然に事故から身を守る事が出来るのか?

それは、普段から事故の発生を予測することで未然に回避する事が可能になるケースも多々あります。

「あの車危ない!」

「フラフラして運転してる。」

よくこういうシーンも見かけたりすると思います。

急ブレーキ音が響き渡ったり、誰かが咄嗟に叫んだり。実はこういう事前の凶兆を察知することが出来れば、事故からの回避も難しくないのかも知れません。

その凶兆がもし一瞬だったとし、2次被害までの時間的猶予があまり無かったとしても、瞬時に反応出来たりすることもあるかと思います。

一瞬の判断で救われることもありますので、普段より危険への電波を張り巡らしておくことも大事ですね。

まとめ

事故というものは、百害有って一利無しだと思います。

普段からの心の構え方次第では、未然に防げる事故もあるものと思ってます。

取り返しの付かない事にならないように、危険防止への意識を高めておくことは、非常に大事な事ではないでしょうか。

それでは今日も一日、気を付けていきましょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

翻訳

Facebook

YouTubeチャンネル登録

</div

Twitterタイムライン

ページ上部へ戻る