【イメージも大事】上手く説明や言葉にできない=理解できてないという事【理解者になること】

人に何かを説明するときに、話に躓いたりする事があったりしませんか?話に躓く(つまづく)という場合、色々な原因が考えられますが、ひとえに言ってしまえば内容を正しく理解していないという事になります。話のフロー(物事の流れ・順序)が分からなく、物事の内容をしっかり相手に伝えることが出来ない状態のことです。では一体どういう状態が該当していくのか考えてみましょう。

上手く説明や言葉にできない=理解できてないという事

一括りにいってしまうと、こういう表現が正しいと自分は考えています。ちょっと批判的で強い表現ですが、しっくりくる言葉だと自分は考えてます。ではまず一つ一つ状況を考えてみましょう。

適切な言葉が分からなく言葉にできない

適切な言葉って、一体何のことと思われるかも知れませんが、この考え方は結構重要で、たとえば相手のレベル(理解力)によって話す言葉や内容を構成していかなければなりません。誰に対しても同じ説明で良いわけではないということです。

例えば相手が子供の場合、使える言葉の数や意味を理解しているのはあまりないことが大半です。そのような場合、相手の理解できない言葉を駆使してお話するのは、ちょっとどうかなと思いませんか?言葉の意味が分からなければ、当然ですが理解も出来ません。

説明する相手が10歳未満で構成されているのか、10代を中心に構成されているのか、はたまた20代か30代か50代か。年齢層が全く違うのに説明するのが全て同じ内容ってことは無いかと思います。

専門用語や難しい言葉の使い過ぎに注意する

最近あまり見かけませんが、変わった例もあります。説明者は理解しているのだろうけれど、話を聞いている側が「?」になってなってしまう場面があるとします。聞いている側が良く理解できていないという状態です。これでは本当に説明の内容が正しいのか、またはもし間違ってても理解できていないので曖昧なままになってしまいます。

基本的に説明する上で、世間で一般的に使用されている言葉で構成することが重要になってきます。専門用語の多用は禁物です。専門用語を使用する上で話を構成する場合、事前に話を進める前に用語の意味を知らせておく必要があります。

言葉が線と線で繋がっていない

なんとなく意味は分かるのだけれど、会話の中で何かしっくりこないときってありませんか?言葉の意味をきちんと理解してなくて、実は使い間違えている場合もあります。そういうときは次に説明することが分からなく曖昧な状態になっているか、もしくは実際には理解してない部分も有り分からない状態になっている事も原因であります。

説明する上で順序良く段階的に言葉が繋がっていないと、聞き手の心の中には響いてきません。普段から会話の中で意識して話すことにより慣れてきますので、順序良く話せるようにしましょう。

聞き手の理解者になって会話を心掛ける

理解とは物事の道理や筋道が分かることです。または他人の気持ちや立場を察することでもあります。理解という言葉一つでも、これだけ深い意味があります。言葉には1つの意味だけでなく、複数の意味合いを持つ場合が非常に多いです。

その中で知らず知らずのうちに間違えて使用してしまっている言葉もあるかと思いますので、言葉を乱用するときはその一つ一つの意味を理解しなおしてから使用するようにしましょう。意外と日本語は難しいです。

聞き手の会話レベルを考えてお話しする

最近の若い人達は、インターネットの普及により知識が豊富になりつつあります。昔と決定的に違うのは、自分でも調べられる環境になったということです。ですので大抵のことは若い人たちでも理解できる環境にはなっていきています。

ただし、聞き手にとって興味の無い話をする場合には注意が必要です。興味が無い=自分で率先的に調べない為、会話レベルに置き換えた場合にどれだけの知識量があるのかを考えて話さなければいけません。なので相手のレベルを考えながら話を進めていく必要性があります。

上手く説明や言葉にすることを鍛えるには演説能力(スピーチ)を高めること

これは人前で話すことを得意不得意で考えるのではなく、その場の雰囲気や観衆の質疑応答に合わせて臨機応変に対応できるかどうかが問われます。自分本位に一方的に話すのと、ちょっと訳が変わってきます。

実戦で何でも対話して対応している人達は、その場の雰囲気を察知して会話を続けられる場合が多いです。しかし対話に慣れていない人が、いざ人と面と向かって話すとなると思っているようにはいかず違ってきます。何事もそうですが、実践に勝るものはありません。経験から養っていくしかないでしょう。

自分が理解出来ていないと聞き手が何を知りたがっているか答えられない

話していて相手が理解できていない場面が多々あるとします。相手の知りたいに応えられるよう、自分なりに理解した上で答えのバリエーションを増やしてみましょう。解答を増やすことで、理解する人が増えることも確かです。

よく答えを分かりやすくするために、一般的な事例をあげて説明することがあります。これは誰でも経験することを例に上げると、理解度がより増えることになります。一般的に身近な体験談等を例に上げることは、理解度をより深めるためにも必要なことです。

まとめ

自分がまず理解者にならなければ、説明することもままならなくなってしまいます。まずは一つ一つの言葉を理解し、会話の順序立てや構成を考えてみましょう。説明する上で順序は大切です。物語を語るかのような、ストーリーを考えながら説明できるようになれると良いですね。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

翻訳

Facebook

YouTubeチャンネル登録

</div

Twitterタイムライン

ページ上部へ戻る