第31回「わっさむ極寒フェスティバル2020」に参加してみた!【元祖越冬キャベツの里】 北海道和寒町/in WAssamu Hokkaido

2020年2月2日「第31回わっさむ極寒フェスティバル2020」 北海道和寒町の「ふれあいのもり」と「運動公園」にて開催されました。 朝方天気は良くなくどうなることかと思ってましたが、 無事天候にも恵まれたようで良かったです♪

今回初参加でしたが、こんなに面白いとは思いませんでした! 地域に根差したお祭りは、やはり良いものですね♪ また来年も行きたいものです。役場の方達の団結力を感じられるお祭りでした。

第31回「わっさむ極寒フェスティバル」2020【元祖越冬キャベツの里】

「ふれあいのもり」にて開催

10:00~15:00の時間帯で開催されました。短い時間の中で、とても敷き詰められたイベント内容に感じました。昼前に到着しましたが、もう少し早く行けてたら尚良かったですね。

第31回わっさむ極寒フェスティバル2020

スノースライダー

結構大きな滑り台でした。ブルーシートをお借りして、御尻に当てて上から滑り落ちるものです。私も含め子供達も凄く楽しんでいました!一番下の子は「もう一回!」と、まだ話せていない言葉で何度も繰り返し言ってましたね♪

決定!極寒カラオケ王

たしか81歳の女性の方が優勝していました。カラオケは選曲に歌謡曲が人気だったようにおもいます。大音量でとても迫力ある会場になってましたね!ステージがめちゃ広く、イベント会場の進行と同じステージ上で皆さん歌われていました。

アウトコーリング

初めて知りましたが、氷の上でストーン(?)を滑らせて木で出来ていると思われるピンを倒すゲームでした。ボーリングに似ていますね。大人や上級者と思われる方はスタート地点が端からでしたが、ストライク取れていたのがビックリです!氷の長さが結構な距離でしたからね。

千切り越冬キャベツ早食い競争

塩提供と水飲み放題での開催でした。今大会の優勝者は3回連続優勝となりました。凄く余裕のある優勝でしたね。左から順番に順位が決まっていました。大会を見てると、なぜだか食べている様子を見ているこっちまで喉が詰まりそうになりました。

アイス「ガリガリくん」早食い競争

これは見れませんでしたが、この寒い中でのガリガリくん早食い競争は考えただけでも寒くなってしまいますね。もうちょっと早く行けていれば見れてました。残念。開催時間は11:10~11:30のわずか20分間だったのですね。

雪中もちまき

13:30より開催されました。直接ダイレクトキャッチ出来て良かったです♪今年の縁起事が良くなればいいですね!子供たちも取れていて良かったです。焼き砂糖醤油餅か、もしくはきなこ餅で頂こうとおもいます。餅は後ろの方まで飛んでなかったので、後列に居た方々はちょっと気の毒でした汗。

大抽選会

イベントの締めとなる抽選会です。13:45より開催されました。結構高額な商品がたくさんの方達に配られていて、凄く盛り上がってましたね!役場やスタンド経営の方の当選者は繰り上げ当選となってました。うちも景品が当たり、最後に越冬キャベツまで当選したので大満足でした!ちなみに抽選券は900番台近くまであったので、その中で当たっただけでも凄いな~とおもいましたね。

「運動公園」にて開催

スノーラフティング

10:30~12:30の間に開催されました。初体験でしたが、とても楽しかったですね!雪上ボートに乗って、スノーモービルで引っ張っていってくれものです。1人100円しか掛からないなんて、逆に安すぎと思ってしまいました。お祭りを盛り上げるイベントとしての一環なのでしょうね。

行列ができていて、皆さんとても面白そうでした!来援も開催されるなら複数回乗りたいものですね!

その他イベントもあり

「くじ引きで越冬キャベツを当てよう」「カプセルをさがして越冬キャベツを当てよう」「ニアピンコンテスト」なども開催されていたようです。会場が広いので、これは開催されていた場所が分かりませんでした汗。スノースライダーにハマりすぎていたからかな?!

まとめ

地域愛を感じるイベントだったのではないでしょうか。地元の人達の協力や、役場の方達が大いに盛り上げていましたね。お祭りはこういうものであって欲しいです。とても敷き詰められたイベント内容で良かったと思います。イベント内容に困られている地域がありましたら、こういうイベントを参考にすると良いでしょうね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

翻訳

Facebook

YouTubeチャンネル登録

</div

Twitterタイムライン

ページ上部へ戻る