ガン予防にも糖尿病にも良い!アルカリイオン水がもたらす効果

  • 2016/5/31
  • ガン予防にも糖尿病にも良い!アルカリイオン水がもたらす効果 はコメントを受け付けていません

現在、世界の人口の6億4100万人が肥満症であり、4億2000万人が糖尿病であると報告されています。日本だけで見ると320万人ほど糖尿病患者がいるようです。日本の現在の人口数は1億2700万人ですから、40人に1人あたりの割合で糖尿病患者がいることになります。検査を受けてない糖尿病予備軍も含めると、この割合がもっと高くなってくる事になりますね。

糖尿病は生活習慣病と言われたり、合併症を引き起こす可能性が一番多い病気で知られています。合併症を引き起こすと、目が見えなくなったり(網膜症)、腎臓の働きが悪くなったり(腎症)、感覚神経と運動神経の働きが悪くなったりと(神経障害)、様々な問題が発生してきます。

ガン罹患数も年々増加傾向にあり、ガンで亡くなられる方も増加傾向にあります。予防できることなら予防しておきたいですよね。予備軍やそうならない為にも、少しでも早く予防や治療をするよう心掛けましょう。

 

アルカリイオン水について

アルカリイオン水はアルカリ性電解水の通称で、アルカリイオン水整水器等の陰極側で生成されるpH9〜10の電解水である。あるいは、直接水源より採取されるミネラル水の一部もアルカリイオンを含有する水と広告される。

よりpHの高い水は強アルカリ電解水に分類される。すなわち、これらは機能特性を持った水であると称される機能水のひとつとされる。飲用水として、また洗浄・掃除用の水として量販店でも市販され、歯科の分野では洗浄殺菌に対してエビデンスを集積して応用され、人工透析では研究段階である。(wikipediaより)

よくコンビニやスーパーで売ってますが、パッケージでアルカリイオン水と書いてあれば大丈夫です。長い時間キャップを開けっぱなしにしていると、空気中の炭酸ガスと中和するようなので気を付けてください。amazonでもお安く販売されています。こちらのキリンさんの商品はpH8.8~9.4で、中性に近い弱アルカリ性になっており非常に飲みやすいです。

 

アルカリイオン水のもたらす効果とは

まだ研究段階でハッキリと証明されてないようですが、疲労回復、胃酸過多の改善、下痢改善、アトピー性皮膚炎の改善、便秘改善、高血圧予防、老化予防、美容効果など、体に良い事ばかりのようです。ただ1日に摂取して良い目安の量は、体重の2~3%までになりますので飲み過ぎには注意してください。多くても2ℓ未満が目安ということですね。

ガン予防としては、細胞内の活性酸素が減少し、細胞の増殖が遅くなったり、染色体末端のテロメアが短くなるなど非常に良い結果が出ているようです。

糖尿病予防としては、純粋な水よりも糖を取り込む速度が20~50%前後上がることが判明しています。それほど効果があるなら飲まない手はないですね。

 

成人病はなかなか発見されにくかったり、病院に行く時間がない人も多い為に発見が遅れたりします。少しでも予防対策は欠かさないようにしましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

翻訳

Facebook

YouTubeチャンネル登録

</div

Twitterタイムライン

ページ上部へ戻る