【FX】分析可能!チャートを1日中見る変態に(番外編)【外国為替証拠金取引】#2

FX(外国為替証拠金取引)において、チャート分析は非常に重要です。チャート分析することが、結果的に最大の利益を生むことになります。初心者のうちは、まずチャートをずっと眺めていて、微妙な動き方や、なぜいまこの瞬間に大きく動いたのか等、自分なりにチャートを分析してみてください。きっと何かきっかけを見つけることが出来るようになっていくでしょう。

チャートを「見ているだけで楽しい!」とか、周りから「そんなの見ていて何が楽しいの?」と引かれるぐらいチャートを見るのに没頭してしまうという人は、ちょっと変態気質かも知れませんが安心してください。私もその一人ですし、きっと常勝している方は同じ人達ばかりですので安心しましょう。私の場合はまだリスタートしてまだ間もないですけどね^^;

番外編という事もあり、真面目半分おふざけ半分で記事を書いていきたいと思います。真面目に記事を書きすぎると、いつの日かコンピューターみたいな人間になってしまいそうです。身近にコンピューターみたいな人もいますが、常日頃何を考えているのか分からないのでちょっと怖いですね。

週明けは横這いか若干の円高に振れるか…

チャートを愛する者はチャートに愛される

これが最大の利点ではないでしょうか。チャートを見ていて分析出来るようになっていけば事前の大きな値動きにも予想が出来るようになっていきます。慣れてくれば大きく動く数秒前に新規エントリー出来るようになります。これが一番の利点ではないでしょうか。もちろん微妙な小さな動きでも少しずづですが分かるようになっていきます。

チャートを寝る間も惜しんで見る

私は退場させられる以前は、1日中チャートを見て、1日中新規エントリーばかりしていました。チャートを寝る間も惜しんでみている状態です。この「寝る間を惜しんで」という部分において、多くの成功者、成功していく人にとって共通する課題ではないでしょうか。成功者の人の多くの人の過去は、寝る間も惜しんで目的や作業に没頭しているという共通点が多かったりします。

ただし、当時の私は利確のタイミングは非常に下手過ぎて、下手どころか利確しないでポジションをずっと持ち続けることが多かったです。結果的にロスカットされることも多々あり、証拠金が十分にある人と違ってポジションを持ち続けることはリスクでしかありません。

寝ても覚めてもチャートを見る

これはもう変態の域に達しているかも知れません。そう言っても過言ではありません。私もその一人ですから安心してください。 ただ、実情は結構こういう人達は多いのではないでしょうか。 常日頃からチャートを見ることで、新規エントリーや利確のタイミングを計ることが出来ます。結構エントリーする機会ってあまりないんだなということに気付かされると思われます。リスクを極力少なくし、確実に利益を取りたいというと尚更です。この辺の話はまた後の話になります。

失敗を恐れずポジションを保有してチャートを見る

これは心理的な部分ですが、ポジションを保有している状態と保有していない状態とでは、チャートを見る上でチャートの見方が全然変わってきます。早くチャート分析出来るようにしたいなら、失敗を恐れずポジションを保有することが大事です。 保有することにより、チャートをより分析しようと必死になります。この必死加減が大事だと私は考えています。

余力資金より大事な資産の一部を投資してチャートを見る

これも前項で少し述べましたが、「最初は余力資金から始めるように」とか、「投資は失敗しても良いように余力資金で」という方がいらっしゃいますが、そもそもその考え方では何時まで経っても勝てないのではないかとおもいます。考え方としては余り良くないです。

「余力資金で投資している」

「大事な資産の一部を投資している」

この二つの言葉の見比べてみても分かると思いますが、投資に対する意志の持ち前では圧倒的に後者のほうが本気度が伝わってきます。おそらく余力資金で始めようとする方は、全て散財してしまうでしょう。以前の私も考え方としては前者の一人でした。結果的に全て散財し、強制退場させられました。いま思えばこの考え方の時点で、もう負けが確定していたのかも知れません。前者の考え方でFXを始めようと考えている方は、悪いことは言わないのでやめておいた方が良いでしょう。

ニュースや経済指標を見ながらチャートを見る

チャートは世界情勢に凄く敏感に反応します。特に重要な指標発表では、予報の数値から結果が少しでも違うだけで投資家は機敏に反応します。それがきっかけで投機家も反応し大きくチャートが動いてしまう結果になります。あるときは要人発言で、為替を意識して発言することがあり、一言で為替事情が大きく変動することも多々あります。扱う通貨ペアによって様々ですが、要人発言で直接的に関係のある通貨では、特に気を付けなければいけません。

FXの良い所と言いますと、そういった世界情勢にも関心が引くようになります。これは経済の回り方を考える上でも、重要なのではないでしょうか。チャートを見ていて、投機的なものも含めて経済がどう反応するのか、チャートを見て分かるのも面白みの一つだと思います。チャートを見るのが楽しくなることでしょう。

まとめ

とにかくひたすらチャートを見る

まずは慣れないうちはひたすらチャートを見ましょう。何か自分なりにポイントが見えてくるようになるまで、ひたすら眺めるように見ることです。チャートを動かしているのは、投資家であったり機関、貿易様々です。チャートが時間帯によってどのような動きをするのか見るようにしていきましょう。24時間世界では市場が動いています。その流れをまずは把握していきましょう。

未来のチャートを想像してチャートを見る

最大の近道は、過去チャートを分析するのではなく、これから出来上がっていくチャートの予想をしながら見ることです。過去チャートの分析は私はほとんどしたことなく、リアルタイムでの分析が一番重要だと思っています。そこには色々な思惑が織り交ざっているからです。過去チャートでは、全ての情報をストックしていない限りそこまで調べるのはほぼ不可能です。なので瞬間瞬間の情報が無い過去チャートの分析は無意味なのです。チャートは決して無機質なものではありません

経済やニュースを意識しながら見ることで、チャートの動きが如実に物語っていたりします。チャートは生きています。それを理解した上で、チャートを見つめていくようにしましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2020年 2月 22日

翻訳

Facebook

YouTubeチャンネル登録

</div

Twitterタイムライン

ページ上部へ戻る