【FX】休むも相場!トレードの大失敗続きを回避する【外国為替証拠金取引】#8

トレードを焦ってしまうと、良いことがありません。前日のトレードでは大失敗続きで、2~5日分の利益が飛んでしまいました。結構利益を出すのって大変なんですよね。なかなか相場って思っているように動かないので、失敗しても良いように毎回エントリーを考えなければいけません。

昨日は週明け相場で窓が大きく開いたこともあり、荒れ相場になってしまいました。方向感がどちらにも行きたい状態になっていた為、300~400pips程の大きなレンジを作って動いていきました。素人には到底太刀打ちできません汗。そんなひどい荒れ相場について考えていきたいと思います。

トレードの大失敗続きを回避する

低レバレッジで長期トレードを心掛ける

昨日みたいな荒れ相場時は資金力に余裕がある低レバレッジの運用が一番良いかと思われます。長期トレード重視ということですね。大きな流れを読んでエントリーするので、逆にエントリー回数は減るかと思われますが、ここまでレートが変わるだろうと長期的に読んでエントリーするので、資金力が大事になってきます。

資金力に余裕が出来てくると、複数ポジションを持ってリスク回避できるようになってきます。私は全力エントリーばかりでしたが、今回をきっかけに相場観が掴めないときは5分でエントリー、残りを方向感を掴んでから再度エントリーするようにしたいと考えました。方向感が完全に一致しているときは全力エントリーでも良いでしょう。

相場をしばらく休んで様子見する

一度エントリーを止めて、気持ちが落ち着くまで相場を休むことも大事です。私は前日ムキになってしまい、負けを取り戻そうとすぐ再エントリーしてしまいましたが、大体こういう場合は失敗してしまいます。こうなると手をつけようがありません。

ただの失敗なら良いのですが、大失敗して退場してしまうと元も子もないので、そうだけはならないよう常に冷静でありたいものです。トレードは孤独との勝負でもありますので、なにか息抜きなどをして、気分を変えてからの再エントリーをおすすめします。

ちょっとしたお出かけなどで相場から離れたりするのも良いでしょう。全く別の事をすることによって考えもクリアになりますので、一度現状のレートから離れてみるのも有りですね。

ポジションを細かく複数回に分けてみる

なかなか正解を引くことの難しいトレードでは、一度のエントリーで正解を引き当てるのは難しいかと思います。方向感が分からない、失敗したら大変といったときは、複数回に分けてエントリーしてみましょう。利益も減ってしまいますが、同時に失敗も軽減されます。

方向感が定ったら、複数ポジションから全力ポジションに切り替えても良いでしょう。一度に前決済ではなく、複数回に分けて様子見するのも有りかと思います。このときに両建設定していないと、相殺されてしまうので注意してください。よくこれでポジション整理されたことがあります。

一度ポジションを手仕舞いする

これが一番意思決定する上で大変かと思います。マイナスポジションを決済することは、すぐに証拠金にも反映され手玉を失うことにもなりますので、なかなか決済までいかない人がほとんどだとおもいます。

ただ考え方を変えてみると、そのそのポジションを持ち続けている限り悩まされ続けることにもなりますので、思い切って一度整理するのも大事です。決断力を養うためにも必要なことです。

裁量だとどうしても迷いがちになってしまいますが、ポジション整理することにより新たな再出発が出来ると考えれば良いのではないかなと思います。悩まされ続けるポジションを持つことより、整理して新たな再出発することをを試みましょう。

まとめ

相場を休むも良し、手法を変えるも良し。今までと同じ事をしていては、同じことの繰り返しになります。同じ過ちを繰り返さないためにも、相場に対する向き方から変えていきましょう。

為替はモンスターの集まりです。簡単に思い通りにいかないのが為替です。攻略するには一筋縄ではいかないですが、まずは失敗から学び、次の相場にはどうしていくかを考えて行きましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2020年 2月 22日

翻訳

Facebook

YouTubeチャンネル登録

</div

Twitterタイムライン

ページ上部へ戻る